• TEL : 03-3571-3045 スマートフォンで電話をかける
  • 平日:9:30~13:00/14:30~19:00土曜:9:30~13:00(最終受付12:30)休診日第二土曜・日曜・祝日
  • 東京都中央区|診療予約|銀座T'sデンタルオフィス

予防の意識を高くもちましょう~予防歯科~

予防の意識を高くもちましょう~予防歯科~

あなたが歯科医院に行くのは、どんなときですか? 多くの日本人が、これに対し「虫歯や歯周病になったとき」と答えることと思います。しかしこれでは、悪くなるのを待っているだけになってしまいます。

これに対し歯科先進国である欧米では、歯科医院に行く目的を「定期検診のため」と答えます。悪くなる前に予防に励むことが、歯にとって本当によいことだと認識されているからです。今日、日本でもこの予防意識が広まりつつあります。

駅近くの歯医者、銀座T'sデンタルオフィスでは、予防に力を入れた診療を行っています。予防については、お気軽に当院にご相談ください。あなたも今から、予防習慣をはじめましょう。

予防に対する意識の違い

日本と欧米諸国では、予防に対する意識が以下のように大きく異なっています。

歯科医院に行く理由とは?
理由 定期検診のため 症状が現れたため
日本 23% 78%
ドイツ 76% 24%
イギリス 78% 23%
アメリカ 73% 27%

(2010年11月/フィリップス調べ)

この結果は、年齢を重ねてからの残存歯数に大きく比例しているというデータもあります。本当に歯を守りたいなら、予防が大切なのです。

予防メニュー

TBI(ブラッシング指導)

TBI(ブラッシング指導)

予防の基本となるのは、毎日の正しいブラッシングです。一人ひとりのお口の状態に合ったブラッシング方法を指導します。

PMTC

PMTC

毎日のブラッシングだけでは落とし切れないプラーク(歯垢)や歯石を、専門の器具を使って徹底的に取り除きます。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯の再石灰化を促し、歯質を強くする効果をもつフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。定期的に行うことで、虫歯予防に効果的です。

シーラント

シーラント

お子さんに行う処置です。深く複雑な奥歯の溝に、あらかじめレジン(歯科用プラスチック)を埋め、食べカスが入らないようにして虫歯を予防します。

大切な子どもの歯を守りたい~小児歯科~

大切な子どもの歯を守りたい~小児歯科~

お子さんの乳歯はいずれ生え替わるものですが、実は大切な役割をもっていることをご存じですか? 健やかな成長のために、食べ物をきちんと咬みくだいて栄養の吸収を助けるのはもちろん、永久歯の生え替わりを正しく導くという役目も果たしているのです。

しかし小さいお子さんは、まだ自分で自分の歯を守ることはできません。お子さんの歯の健康を維持し、健やかな成長をサポートしてあげられるのは親御さんの役目といえます。小児歯科と協力して、お子さんの笑顔を守ってあげましょう。

虫歯の感染経路について

虫歯の感染経路について

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌は存在していないにもかかわらず、お子さんが虫歯になってしまうのは、どうしてでしょうか? 実は身近にいるお母さんやお父さんのお口から、虫歯菌がうつってしまうことが原因なのです。

虫歯菌は、おはしやコップなどの食器の共有や、愛情表現のキスといった日常の行為で赤ちゃんに感染してしまいます。とくに生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月ころにうつりやすいといわれており、この期間はより注意が必要だといえます。

赤ちゃんへの虫歯菌の感染を防ぐには、食器を分けるほか、感染元となるお母さんお父さんのお口から、虫歯菌を減らしておくことも大切です。乳歯のころから虫歯を防ぎ、お口を健康に保てれば、永久歯に生え替わってからの虫歯の本数を減らせるというデータもあります。大切なお子さんの将来のためにも、親御さんが注意してあげてください。

銀座T'sデンタルオフィスの予防歯科・小児歯科についてご質問はこちらから